施工事例

納屋から居宅へ再生 -骨太の丸太梁を活かして創るデザイン-

  • New
  • わが家
  • New
Loading...

納屋を再生する選択

つくばみらい市にある瓦屋根の築45年、2階建ての納屋。以前、同じ敷地内の古民家を弊社代表が再生しています。今回、ありがたいご縁により御子息様のお住まいづくりをお手伝いさせて頂くことになりました。敷地内での新築も検討されましたが、太い丸太と梁によって骨太に造られた納屋を居宅へと再生することを選択されました。お隣の母屋とは渡り廊下で繋げることにより、簡単に行き来できるようになりました。家族団らんの中心に。そんなあたたかい空間が完成いたしました。

快適な居住空間で長く住むために…

今回の再生では1階部分を納屋として利用していた為、天井が低いことが問題でした。 居住空間を作るために、「丸太梁を魅せる構造」と既存の土間コンクリートの上に「床組みを低く設計」する工夫で高さ問題を解決し魅力的な住空間へ。既存の急だった階段をかけ替え、緩やかにしているのもポイントです。

外壁は金属サイディングへ、1階2階とも窓とサッシを変更し、断熱材を入れることで断熱性能を上げています。 また、 耐震補強を施し、性能面でも問題なくお住まい頂けるようになりました。1階は内壁のないスケルトンの状態から間取りを考えています。南向きの広々LDKには対面キッチンを採用、ウッドデッキに面する大きな窓からは心地良い日差しが差し込みます。キッチンから水廻りは家事動線を考えて設計しています。

今回は、納屋ならではの大きな梁をそのまま活用。古材を活かし、伝統を残しつつ現代に合わせたオシャレな空間が広がります。

物件概要

つくばみらい市
築45年/31.5坪

Back to list